WiMAXやワイモバイル、ポケットWiFiなどの高速モバイルインターネットを徹底比較!!

自宅でも外出先でも高速ネット接続 高速モバイルインターネット

高速モバイルインターネットとは

高速モバイルインターネットとは?

高速モバイルインターネットとは、無線を使った通信により接続端末と繋ぎたい機器(ノートパソコンやゲーム機器)をインターネットに接続することを言います。
 
さらに近年の通信技術の発達により一昔前はインターネットにつながりさえすれば良いというような遅い通信速度でしたが今は少し前のADSLを超える通信速度でインターネットにアクセスできるまでになっています。ですので、高速モバイルとか高速無線などと呼ばれます。

下記の図のようにパソコンと接続端末が通信を行い、さらに、接続端末が周辺の基地局に無線でアクセスすることでインターネット通信が行えるというわけです。

 
高速モバイルでネットに接続する仕組み

高速モバイルでネットに接続する仕組み

 
フレッツ光、ADSLなどの固定回線に比べて大きな違いは回線の工事が不要など、モバイル接続端末さえ持っていればどこでもインターネットにアクセスできるというところが大きな特徴です。これら高速モバイルには最近の主流となる4つのサービス(WiMAX、イーモバイル、ウルトラWiFi、LTE「Xi」)があり、高速な無線通信技術でインターネットにアクセスできるといった点では共通しています。ですので、そららのサービスで大きな違いはなく、後は費用や通信速度、対応エリアなどが異なりますので、当サイトではそれらを料金などで比較 しております。
 

固定回線と高速モバイルの違い・比較

固定回線と高速モバイルの異なる点についてメリット・デメリット、特徴を踏まえ簡単にまとめました。

固定回線の大きな特徴とメリット/デメリット 

  • 超高速なインターネット接続が可能
  • 時間や場所で通信速度が遅くならない
  • モバイル通信より高額
  • 自宅内のみ利用可能
  • 有線のLANケーブルで接続するか無線LANの設定が必要
  • 回線工事が必要(自宅内や周辺の電線など)

高速モバイル接続の大きな特徴・メリット 

  • 自宅、屋外でインターネットを楽しめる
  • 日本全国どこでも使えるわけではない
  • 固定回線に比べて低料金で利用可能
  • 外出先などでも複数人同時接続が可能
  • 地域や時間によって通信品質が変わる
  • 工事不要で通信端末が届いたらスグ(最短で1日で)始められる

 

高速モバイルを利用するメリットとデメリット

6つのメリット

1.高速通信でインターネットにアクセスできる
近年の目覚しい通信速度の上昇により高速にモバイルでの接続が可能となっています。40Mbpsを超える速度ですので、普通にインターネットを行う分には全く速度を気にする必要はありません。インターネットを介した動画閲覧やゲームも楽しむことができます。
2.工事不要、配線も不要ですぐに始められる
モバイル接続の大きな特徴です。固定回線を始める際は電線の工事や家の中に入ってきて回線の接続口の工事などで始めるまでに時間も手間もかかりましたが、高速モバイルの場合は業者側の設定を行うだけで、こちらは通信端末さえ手に入れればすぐに始められます。手軽さと始めやすさは高速モバイルの大きな特徴です。
3.低価格・低コストで使い放題
固定回線の光フレッツ、FTTH、ADSLなどに比べて低価格です。月額3,880円から始められ、固定回線に比べて1,000円~2,000円安いです。なぜ安いかというと基本的に固定回線に比べて設備が少なくてすむためです。利用者側としては本来はNTTなどの固定回線キャリアとプロバイダーとで二つ契約する必要がありましたが、高速モバイルになると回線キャリアとプロバイダーが一体になるMVNOという形式になっているので契約は1本でOKです。しかも安いのが特徴です。
4.必要機器は最小限、通信端末も小型で邪魔にならない
インターネット接続に必要なものが通信機器(通信端末や接続端末などと言われます)です。100g程度でポケットやかばんに入れても邪魔にならない大きさ・重さです。最近の機器データストレージとなっており、ちょっとしたデータを保存することも可能になっています。
5.多機能の通信端末で家でも外でも利用できる
自宅(屋内)だけで外出先(屋外)でも利用できるのがモバイル通信の大きな特徴です。対応エリアであれば移動中や外出先の屋内であっても利用が可能です。対応エリアは拡大しておりますので山間地や田舎の地域でなければほぼインターネットに接続することが可能です。旅行先や出張先でも自由にアクセスでき、通信速度も速いのが高速モバイルの醍醐味です。
6.パソコンだけでなくゲーム機器も手軽にインターネット接続可能
ノートパソコン、デスクトップパソコンだけでなく、Nintendo 3DSやPSVita、PSPなどゲーム機器をインターネットに接続することが可能です。しかも数台接続できるので、友達と何人かでゲーム機器を繋いで遊ぶことも可能です。通信速度が必要なオンラインRPGゲームやアクションゲームなど普通のゲームであれば全く苦にならずゲームを楽しむことができます。しかも一人が繋がる端末を持っていれば良いというのでゲームの中心になれるかもしれないですね!

3つのデメリット

1.通信が途切れることがある・接続ができないエリアがある
メリットの裏返しになりますが、100%日本中どこでもアクセスが出来るわけではありません。WiMAXやイーモバイルというサービスの違いでその対応エリアは変わってきます。自分が使いたいエリアはネット接続・利用できるかを事前に確認することが必要です。
2.通信端末はネット接続の際、常に電源が入っている必要がある
通信を行うには通信端末が必要です。その端末に電源が入っていないと通信が行えません。外出先では電池によるものですので電池が無くなれば接続できないというデメリットがあります。電池の減りには十分注意する必要があります。たいていは8時間前後なので日中使う分には問題ありませんが、地域によっては通信が頻繁に発生して早く電池が切れてしまうこともありえます。自宅で使う場合には常に電源に接続することができるグレードルへ設置して使うと良いでしょう。
3.通信の品質アップには通信端末を交換する必要もある
これは将来の懸念ですが、通信品質や速度は日々拡大しています。通信端末を変えないとその恩恵を受けられないということもありえますので、新しいものが出るたびに買い換える必要もありえます。ただこちらは固定回線にも言えることであり、固定の場合は料金プランを上げないと通信品質が上昇しないということもありえます。

 

高速モバイルと無線LANとの違いとは?

高速モバイルインターネット、どんなものかは分かっていただけたかと思いますが、昔から同じようにインターネットに接続する手段として無線LANがありました。このような業界に疎い方は難しいことかもしれませんね。

今回は初心者を対象に高速モバイルと無線LANについて違いを解説します。

 

高速モバイルと無線LANの異なる点

下記の図は高速モバイルについて解説した簡単なイメージです。WiMAXを例にしています。イーモバイルもウルトラWiFiもイメージは全く同じです。
 

高速モバイルとは

上記の図のようにパソコン、接続端末(通信端末)、基地局があります。高速モバイルはこのようにパソコン→接続端末→基地局→インターネットまでの接続業態全体を指します。

無線LANとは

無線LANは機器と機器を接続する通信技術であり、無線LANだけではインターネットに接続はできません。上記の図でいうとパソコンと接続端末との間が無線LANとなります。ここの接続だけではインターネットにアクセスできませんね。インターネットに接続するにはさらに基地局などの裏でインターネットに繋がっている機器と繋がっている必要があります。

フレッツ光、ADSLなどの固定回線のNTTのCMでは無線LANに繋がってうれしいというような宣伝が流れていますが、これは実際には固定回線で自宅のインターネットが使える状態になっていることが前提で、その上で無線LANの搭載されたパソコンと自宅のインターネット回線がルーター(またはアクセスポイント)とよばれる機器と繋がっているからなのです。

つまり、まとめると下記となります。

●無線LANは機器と機器とを通信する手段であり、これだけではインターネットに接続できません。
●インターネットにつなっがっている機器と無線LANが搭載された機器とが繋がって初めてインターネットにアクセスできます。
●高速モバイルは接続端末がインターネットに接続された基地局と無線通信(無線LANとは別の規格)で繋がっているのでパソコンなどがインターネットにアクセスできるというわけです。

お分かりいただけましたでしょうか。家電専門店などで無線LAN搭載と書かれた機器だけ買ってきてもインターネットにアクセスできる環境がない限り、意味がありませんので注意してください。

高速モバイルのWiMAXやイーモバイルであれば接続端末がインターネットにアクセスできる機器と繋がるので接続端末と接続したパソコンなどはインターネットにアクセスできるということです。
 

おすすめの高速モバイルインターネットサービスとは?

安い・速い・安定・安心の4つの観点からビッグローブのBIGLOBE WiMAXがおすすめです。当サイト管理人もこちらを利用しております。「安い」の理由はキャッシュバック額が他社に比べて大きいこと。「速い」は440MbpsのWiMAXなら申し分なし。「安定」はインターネット回線の混み具合など夜は繋がりにくいということなく安定しています。これはインターネットプロバイダー老舗だから実現できているのでしょう。「安心」は何か困ったときサポートが充実している元々NECグループでサポート体制は引き継がれており、対応が丁寧、ということがあげられます。初心者にも上級者にもおすすめと感じています。

料金やキャンペーン内容から総合的に判断したい方は下記ランキングも参考にしてみてください。

WiMAXとは?

WiMAX(ワイマックス)はUQコミュニケーションズ社が提供する 高速モバイルサービスで自宅・家でも外出先や移動先でもインターネットに接続できるサービスです。UQ WiMAXというサービス名で展開しています。
 
青いガチャピンとムックがイメージキャラクターですね。少し前は箱にもぐる・ダイブする猫のCMで話題でした。

携帯電話やイーモバイルと何が違うのかというと、できることは同じで外でも家でもインターネットに接続するということについては同じです。何が違うかというと通信の方法が異なるくらいなので利用者にとってはあまり気にする必要はありません。

WiMAXと他の高速モバイルとの違いは?

通信の品質などは若干ことなるので、例えばドコモの携帯電話でiモードやspモードなどでインターネットに接続することとWiMAXで接続する場合において場所によってはドコモだけが繋がったりということがあります。よって、 気にするべき点としては対応エリアが他の高速モバイルのサービスに比べてどうなのか?つながりやすいのかつながりにくいのかという違いがあります。

また、通信速度もエリアによって本来の速度を保てなかったりということもあるので場所によってインターネットに繋がる環境が異なるということです。WiMAXは2016年頃KDDIの4G LTEのネットワークにも対応し、通信可能エリアを拡大しており、地下鉄のホームなどでもインターネット接続できるようになるなどサービスの規模を拡大しています。ですので、近年は携帯電話と同じように全国の都市部や郊外も通信可能な状態に近づきつつあります。
 

WiMAXでインターネットに接続するには?

WiMAXを利用してインターネットに接続するにはMVNO業者、いわゆるプロバイダーと契約する必要があります。プロバイダーについてはこちらをご覧ください→WiMAXプロバイダー一覧

また、プロバイダーと契約することで入手できる接続端末をパソコン、ノートPCなどと接続することが必要です。その通信端末とWiMAXの無線で通信を行うことでインターネットに接続できるということです。下記、簡単に図にしてみました。

 
WiMAXでインターネット接続する仕組み

WiMAXでインターネット接続する仕組み



ノートPCをインターネット接続することを例として簡単に解説します。

(1) ノートPCと接続端末とを無線LANまたはUSBなどで接続(端末によります)
※接続端末がルータタイプの場合はノートPCと無線LANで接続することになります。
(2) 接続端末はWiMAXの無線によって基地局と接続
(3) 基地局はインターネットに接続


このように3段階の無線通信を行うことでインターネットに接続されます。 利用者自身はとくにこの仕組みは意識する必要はありませんので、何をインターネットに繋げたいのか、パソコンなのかゲーム機なのか、接続端末は何を使うのか無線ルータタイプなのかUSB接続のタイプなのかだけ意識すれば大丈夫です。使い勝手でいうと上記図の無線タイプのようなものが便利です。

インターネットに接続可能な機器

デスクトップパソコン、ノートパソコン(ノートPC)だけでなく、iPadやiPod touch、iPhoneも可能です。また、最近ではゲーム機も接続可能です。PSV4やNintendo 3DS、Wii、Nintendo Switchも可能です。接続したい機器に無線LANが搭載されていればインターネットに接続可能です。他にもWiFiで繋がるテレビも接続可能です。

おすすめのWiMAX接続プランとは?

WiMAXの接続サービスには大きく分けて下記の2種類があります。

Flatツープラスプラン(旧名称、年間パスポートプラン)

月額料金を抑えて利用できる基本2年契約のプラン。月間7GBまでの通信量制限があります。

ギガ放題プラン

月間通信量制限なし、ただし3日間で10GBの制限ありの使い放題プランです。Flatツープラスより料金は500円程度高いですが、Youtubeなどの動画などを見たり、ネット利用の頻度が多い方や時間が長い方はおすすめです。

どちらが良いかというと安さで選ぶならFlatツープラスプランがお得です。利用頻度が高かったり通信量が多い使い方(動画視聴)はすぐに通信量制限の上限に達してしまうので制限がないギガ放題プラン(3日間で10GBまでの制限はあります)をおすすめします。

また、WiMAXを提供するプロバイダーでは提供しているプランがほとんど2年契約または3年契約で1年契約などの短期利用は違約金を払う限り難しいです。

おすすめはコレ!

当サイト運営者はBIGLOBE WiMAX を利用しており、様々なキャッシュバックキャンペーンにより安く利用できているのとサポート体制が充実しているので初心者にもおすすめです。

今月のおすすめプロバイダー

とくとくBB WiMAX2+ 人気のとくとくWiMAX2+はキャッシュバックで他社よりも常に上を目指す方針でキャッシュバックならNo.1です!!WiMAX2+はLTEを組み合わせると最大708Mbpsの高速通信が可能な人気の高速モバイルです!!

当サイト限定特典
2018年5月31日まで


Broad WiMAX2+Broad WiMAX2+なら月額最安クラスの2,726円でずっと使えて、最短当日または翌日にインターネット接続ができる利用開始までのスピードが早いのも特徴です!!
 

目的別に選ぶ おすすめNo.1プロバイダー

【毎月更新】
最終更新日: 2018-05-01

高速かつ通信量制限無しで高速モバイルインターネットを使いたい

日本で一番速い通信速度、かつ速度制限無しでインターネットが利用するなら、WiMAXがベストです。(他の高速モバイル系は制限があります)
LinkIconとくとくBB WiMAX2+ ※440Mbpsの高速通信が利用可能なギガ放題が安い!!高額キャッシュバックで実質かかる費用が最安!!

キャッシュバック40,700円だから今が断然おすすめ!!
LinkIconSo-net WiMAX2+

家でも外でも安くインターネットを使いたい

高速モバイル回線&高額キャッシュバックで実質かかる費用がお得
LinkIconBIGLOBE WiMAX2+月額料金1,980円!!安いポケットWiFiが今人気です!!LinkIconYahoo! WiFi

申し込みからすぐにネット接続得できる高速モバイル

最短で当日受け取りまたは翌日に端末が届いてすぐ使える高速モバイルはBroad WiMAX2+がおすすめ
LinkIconBroad WiMAX2+

サポート重視で初心者にも安心して使える高速モバイルインターネットサービスを使いたい

サポートが手厚くていざというとき電話で丁寧に対応してくれるプロバイダー
LinkIconSo-net WiMAX2+

家や外でタブレットや電子書籍を使いたい

人気の最新タブレットNECのLAVIE Eタブレットが無料またはキャッシュバックはダブルでお得なキャンペーンです
LinkIconBIGLOBE WiMAX2+ 

 
法人・ビジネス向けでおすすめ高速モバイル

ビジネス用途、法人、会社、個人事業主でおすすめの高速モバイルです
LinkIconSo-net WiMAX2+